更新されました!!

20171029 第52回集いを開催致します!

台湾人として日本人に望むこと

 昔からの台湾好きの方からすると、あまり感じられないかもしれませんが、今、ちょっとした台湾ブームが巻き起こっているように思いませんか?テレビ番組では台湾旅行特集が組まれたり、或は駅弁探しをテーマにアイドルが台湾を一周するなんていう番組も有りました。書店では台湾コーナーが作られ旅行以外のテーマでも台湾を深く追求しようと言う読者のニーズに答えたりしています。そんな世の中の動きを受けてか、台湾通や台湾好きの方々が徐々に増え、時には台湾を熱く語る老若男女を街中で見かけたりします。いま、このサイトを見て頂いているあなたもその一人かもしれませんね。

 

 そんな流れに一石を投じる、という訳ではありませんが、では台湾好きの皆様にお伺いします。

台湾の方々は果たしに日本人をどう思っているでしょうか?旅行先での優しくしてくれた思いでだけで台湾人を理解した気になっておりませんか?折角盛り上がりを見せている日台交流。日本からの片思いでは千年の恋も台無しです。台湾人の思いにも耳を傾け本当の日台交流を造りあげる、今回の講演をそのような場にして頂ければ幸いです。


講師ご紹介

 

李久惟(リ ジョーウェイ)氏

1975年台湾高雄生まれ 拓殖大学客員教授。多言語文化研究会代表、日本李登輝友の会理事。専門は語学教育、歴史、比較文化、国際関係論、異文化コミュニケーション。2000年東京外国語大学卒業、台湾高速鉄道(新幹線)プロジェクトに従事。15言語以上を話すマルチリンガルであり、野球やサッカーの国際大会や沖縄国際映画祭などさまざまな分野における通訳・翻訳を経て、現在は通訳翻訳会社の経営に参画する傍ら、主に教育分野で語学講師・セミナー講師として活躍。さらには多くの国際交流事業や講演・執筆活動を行う。主な著書に「台湾人から見た日本と韓国、病んでいるのはどっち?」「台湾人が警鐘を鳴らす病的国家中国の危うさ」(共にワニブックスPLUS新書)、「本当は語学が得意な日本人」(フォレスト出版)、「日本人に隠された《真実の台湾史》」(ヒカルランド)等がある。


第2部 台湾と私 (ちょっと前のお話)

 当日は2人目の講師として、台湾国際放送にもご出演されておられる杉中学氏もお招きし、ご自身の留学や仕事を通じ40年に及ぶ長い台湾との交流の中で感じられた『台湾』をご自身の体験から語って頂きます。

講師ご紹介 

杉中 学(すぎなか まなぶ)氏

1956年生まれ。日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学)在学時に父が単身赴任していた台湾を訪れたのが、台湾との関わりのきっかけ。大学卒業後、商社勤務の後、台湾師範大学国語教学中心で2年間中国語(北京語)を学ぶ。

帰国後、日本企業の台湾駐在員として台北・台南に駐在。その後友人と台湾現地紙の翻訳サービス「台湾通信」を起ち上げるも、ビザの問題から帰国。製薬会社の国際部門に在籍し、主に中国語圏のビジネスを担当、7年間の中国青島での駐在をはさみ、約25年奉職し、今年定年退職。

ノンフィクソン作家・門田隆将氏の「汝、ふたつの故国に殉ず」執筆に際しては、インタビューの通訳や資料の翻訳・分析などで協力している。中国語通訳案内士。

 


開催日程等

開催日程:2017年10月29日(日)

開始時刻:13:30〜16:45(13:00受付開始)

参加費: 1,000円

定員:  50名(先着順)

主催:  日本と台湾を考える集い事務局

     e-mail:  t.forum.kansai@gmail.com                    facebook:  日本と台湾を考える集い

 

講演会後に講師を交えた懇親会も予定しております(先着38名)詳しくは以下のコクチーズページで!

当日の講演テーマ

第一部 台湾人として日本人に望むこと

講師  李久惟(リ ジョーウェイ)氏

 

第二部 台湾と私 (ちょっと前のお話)

講師  杉中 学ぶ(すぎなか まなぶ)氏 



開催場所

名称:伏見稲荷大社 参集殿

住所:京都市伏見区深草薮ノ内町68番地 伏見稲荷大社内

 

最寄り駅:

JR:奈良線「稲荷駅」より徒歩約3分

私鉄: 京阪本線「伏見稲荷駅」より徒歩約6分 



 お申し込みはコクチーズから!


参加申込みは↑

主催:日本と台湾を考える集い事務局

https://tsudoi-jptw.jimdo.com/

 

日本と台湾を考える集いは日台の相互理解の促進をめざし、関西を中心に活動をしている団体です。

日台の歴史・政治・文化等幅広い課題を取り上げ、学びの場として集いを開催しています。

連絡先:080-1403-3578(近藤)


0 コメント

20170826 第51回集いを開催致しました!


大阪に響き渡ったアミ族の歌声


2017年8月26日、遂に台湾アミ族の伝統歌の歌い手、蒋進興氏が来阪されその歌を披露されました。歌はアミ族の日常生活に於ける喜怒哀楽を紡ぎ、目を瞑るとその音色を聞くだけで彼らの生活が、喜びが、或は悲しみが有り有りと瞼に浮かぶようでした。最後は蒋氏も観客席に飛び込み、皆で輪になり喜びを表現。初めての大阪公演は大成功のうちに幕を閉じました。お越し下さった皆様、有り難う御座いました!


【郭英男と馬蘭吟唱隊について】


若き日の郭英男は、誰をも魅了する熟練した美しい歌唱で馬蘭部落のリードボーカルを務めていた。1978年に部落の数名で「馬蘭吟唱隊」を結成し台湾各地に赴き公演、そして1988年と1999年にはフランス,日本においても公演し、「台湾原住民の天籟の歌声」「世界の歌声」との誉れ高い呼び名を得て、言語の壁を越え大自然の美しく純粋な美声を、台湾原住民伝統歌謡を世界中に知らしめることに成功した。 

 

第一代「馬蘭吟唱隊」は1998年及び1999年に魔岩唱片より2枚のアルバム『Circle of Difang―郭英男和馬蘭吟唱隊』,『Difang across the Yellow Earth 郭英男和馬蘭吟唱隊横跨黄色地球』を発売。その後2002年に郭英男夫妻が世を去り、第一代のメンバーも続けて後を追う中、部落の古老が伝統歌を保護するべく郭英男の長男である蔣進興を中心に第二代として馬蘭吟唱隊の美しい伝統歌を受け継ぎ、引き続き世界へ発信し続けています。 


当日の様子です。コンサートの後の懇親会では、数日前に誕生日をお迎えになられたということでケーキも用意。最後はやはり歌で締める、蒋さんらしい懇親会となりました。



0 コメント

2017年の過去の『集い』開催予告&実績はこちらから!

これからも台湾への理解を深める様々な催しを企画して参ります!