20190209 第58回集いを開催致します

台湾の地方選挙と国民投票

〜その結果から日本が考えるべき事〜


講師: 酒井亨氏(公立小松大学准教授)

 

   台湾の統一地方選挙は中国国民党勝利のうちに終わりました。同時に行われた公民投票では台湾正名賛成が半数に満たず、福島を含む5県産食品輸入禁止継続、脱原発反対、同性婚の民法規定に反対など中国国民党主導の提案が支持され、民主進歩党政権が台湾住民の支持を得られませんでした。 

 

   2016年総統・立法院選挙の結果、蔡英文政権は完全執政と言われ中国国民党はもう立ち直れないとまで言われてから2年しか経っておらず、またアメリカを始め西側諸国とのかつてない好意的な関係の中でこのような結果を招いてしまいました。台湾社会は一体どうなってしまったのでしょうか。「核食」などと呼称した輸入禁止継続は、5県関係者に大きな失望をもたらすだけでなく河野外相は「極めて残念で、あらゆる選択肢を視野に対応する。当面は科学的根拠を十分に示して台湾側に働き掛けるが、WTOの紛争解決手続きに進むことも排除しない」と表明しました。台湾が参加を希望してきたTPP11への日本の協力も極めて困難になると思われ、にわかに暗雲が漂ってきました。 

 

 「華為」問題に象徴的に現れているように、米中二大国のせめぎあいが今後ますます激化すると思われます。こうした状況下で日本の安全保障を考える観点から、今回の台湾住民による政治選択を日本人としてどのように考えたらよいか学びたいと思います。

 

  今回講師は台湾在住11年の経験を有する酒井亨先生にお願いしました。酒井先生は陳水扁政権以降の民主進歩党内部を直接知っている唯一の日本人です。先月の選挙前後に加え、来月も訪台し現下の台湾情勢リサーチされます。台湾政治にご関心のある方には大変貴重な機会ですので、ご予定してくださると幸いです。 

 

 講演・意見交換後は茶話会による交流会を行います。 


開催日程等

開催日程:2019年2月9日(土)

開始時刻:13:30〜17:00(13:00受付開始)

参加費: 1,000円

定員:  60名(先着順)

主催:  日本と台湾を考える集い事務局

     e-mail:  t.forum.kansai@gmail.com                    facebook:  日本と台湾を考える集い

当日の講演テーマ

〜台湾の地方選挙と国民投票〜

 

米中貿易抗争が激化している中、台湾の地政学的な役割は益々増して来ております。政権が国民党の手に落ちつつ有る今、日本は台湾とどう向き合うべきか。東アジア情勢を占う1年となる今年の集い第1弾に相応しい企画です。ぜひお誘い合わせの上、お越し下さい。

 



開催場所

名称:フラッグスタジオ

住所:大阪市西区江之子島2-1-37

   阿波座ライズタワーズフラッグ46 1階

最寄り駅:

地下鉄:「阿波座」駅8番出口から西へ約150m



 お申し込みはコクチーズから!


参加申込みは↑

主催:日本と台湾を考える集い事務局

https://tsudoi-jptw.jimdo.com/

 

日本と台湾を考える集いは日台の相互理解の促進をめざし、関西を中心に活動をしている場です。

日台の歴史・政治・文化等幅広い課題を取り上げ、学びの場として集いを開催しています。

連絡先:080-1403-3578(近藤)

 

集いでは運営のお手伝いをしてくださるスタッフを募っております。