20161030  第47回集いを開催しました。

台湾の曙 光り輝く

  平成28年10月30日(日)午後、京都伏見稲荷大社参集殿において、東俊賢さん(昭和5年現台湾生まれ)から『台湾の曙 光り輝く』と題し、ご自分の歩まれた人生を振り返りながら台湾現代史を1時間半にわたりお話をしてくださいました。

  東さんは台湾師範(現国立台湾大学)卒、昭和19年5月、少年工として配属され、極秘特攻兵器「桜花」等の製作に従事。日本の敗戦により帰台。台湾市成功国民学校教師、日商高雄加工区Applo wig co.総経理、立華電子股份公司董事長を歴任。一般財団法人台湾協会会員。平成23年5月、日本自分史学会主催第11回「私の物語・日本自分史大賞」国際賞を受賞。その内容は東俊賢回想録~燃ゆる志の試練と感謝(第一部)及び(第二部)として閲覧可能。さらに今次政権交代を経て、加筆修正された「台湾の曙光り輝く~台湾史の足跡」(A5版224ページ)の新版(日本語、中文)を出版。

左から江上代表の挨拶、講演される東俊賢さん及び会場の様子。下は東さんによる100枚を超える画像の一部。

(下の2つの画像は上記ホームページより借用)

 第二部は基隆市真砂町生まれの滝川正さん(昭和10年1月1日生まれ)からお話をいただく予定でしたが体調を崩され欠席されたので、氏の随筆「南風懐想」(B5-12頁)をスタッフが読み上げた。 

 

 なお冒頭、事務局が飛虎将軍廟について映像を含めて報告した。台南市安南區大安街にある鎮安堂には日本海軍零式艦上戦闘機操縦士であった杉浦茂峰兵曹長が地元の方々により祀られています。この度、9月21日、ご神体の茨城県水戸市への里帰りに合せて管理委員会の皆さま30人が来日され、27日に関西空港からの帰台されました。
 

 また終了後は同会場にて講師を交えて懇親を深めた。