第34回日本と台湾を考える集いの報告

 第34回「集い」は年度末という時期にもかかわらず、40人以上の方が参加してくださいました。

 

 東京・名古屋の交流活動の紹介とともに、台湾の中国とのサービス貿易協定をめぐる民主化運動について、現地報告をふまえ意見交換いたしました。

 ご来場のみなさま、ありがとうございました。

ご来場者のみなさん

台湾協会理事、育桜会副理事長 松澤寛文さん

集い終了後の懇親会