2月16日(土)、第28回 日本と台湾を考える集いを開催します。

【テーマ】 「台湾在住大学院生が語る台湾の今」

 〈尖閣と台湾〉台湾人の本心、台湾は反日になるのか。
 〈日本語族が消えてゆく〉李登輝総統の思い、蔡焜燦先生の思い
 〈本省人vs外省人〉はステレオタイプ?・・・・

【講 師】  早川友久さん(国立台湾大学法律学院在学)

 昭和52年栃木県足利市生まれ。
 平成13年読売新聞社主催の「アメリカ横断ウオーク2001」に参加。
 歩いて5,000キロのアメリカ大陸を横断、帰国当日の朝、911テロに遭遇。
 平成15年 4月から3年間、金美齢事務所秘書勤務。
 平成17年から台湾へ語学留学。
 一時帰国後、再び平成19年から台湾に留学し、現在に至る。
 李登輝元総統の「奥の細道」(2007年)訪問を皮切りに、沖縄(08年)及び東京・高知・熊本(09年)並びに台湾各地を視察した「生命之旅」(2012年)に同行するなど、信任が厚い。
 日本李登輝友の会台北事務所長も担当。

※ 講演の他に、1月中旬に実施しました「池上文庫・ガランピ岬・台東ツアー」の報告を、併せてする予定です。     

【日 時】 平成25年2月16日(土)18:15~20:45(18:00開場)
       通常の開催時刻と異なりますので、ご注意ください。 

 

【場 所】 難波市民学習センター 第1研修室

            OCATビル4階 電話:06(6643)7010

      地下鉄・阪神・近鉄・JR・南海線いずれも「難波」駅下車

 

【参加費】 一般1,000円 学生500円 台湾留学生無料

 

【申込方法】 左記お問合わせをクリックしてお申し込みいただくか、

         事務局へ直接メールにてお申し込みください。

         t.forum.kansai@gmail.com


※ 台湾グッズ抽選会及び懇親会は今回は致しません。
   悪しからずご了承ねがいます。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Mail管理者@バナナ (水曜日, 20 3月 2013 10:36)

    第28回集いの参加者から寄せられた感想を紹介します。

    ・「台湾人意識、言葉」等の現代台湾の様子がわかって、非常に有意義でした。今後とも現代台湾に焦点をあてた講演等を望みます。
    (奈良県男性M・Jさん)
    ・早川さんの話をもう少し聞きたかった。ステレオタイプでは理解できない、台湾の多様性を感じることができました。来年以降でいいので、再度講演を依頼してほしい。
    (大阪府男性F・Mさん)